2013年03月22日

アメリカ製バギーが、和のテイストにジャパナイズされた!の巻き

おなじみ、軽量バギーのVIVO 。





アメリカの製品です。





今回、こちらのバギーのシートカラーを自分流にアレンジしたいというユーザー様がみえました。





13639497203321.jpg





とっても人懐っこいキッズ、Tくんです!





写真を撮るよと言ったら、かっこよくピースしてくれました!





Tくんの乗るVIVO。





よく見ると、シートカラーが標準のカラーではないぞ。





13639497672994.jpg





オリーブとも言うし、抹茶とも言える落ち着いたワビサビの雰囲気。しかもしっかりメッシュ素材!




アメリカの臭いが全くしなくなりました。





純和風のVIVO が誕生しました!





VIVO のオリジナルカラーはこれで二台目。





回数を重ねるたびに、うちの技術も洗練されていきます。





今回は、いつもの出入り業者ではなく、片山車椅子をご指名頂きました。





そのユーザー様の声を尊重して快くうちを招いてくれたHの里さんに感謝!





ユーザー様が自分で購入先を決められる・・・。





それが福祉用具購入の基本です!





そんな分け隔てない思いやりの心が、今回うちとTくんを結びつけてくれたと思います!





13639498596015.jpg





つぎは何色を作ることになるかな・・・反響が楽しみ。




posted by みんな at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | おチャンコ倶楽部

2013年03月13日

福祉用具 リサイクル 活用中!

高機能な福祉用具。





でも子供さんの成長に合わせて、大きいサイズに買い替えということも現実にはあります。





うちはそんなときに、リサイクル対応として試乗用や臨時の代車などの目的で福祉用具に第二のライフを与えております。





13631364566221.jpg





こちらも、うちのおチャンコ倶楽部さんから頂いた綺麗なリユース。




有り難いかぎりです!




posted by みんな at 10:04| Comment(1) | TrackBack(0) | おチャンコ倶楽部

2012年09月30日

くねクッション・ストロングのご紹介!

車椅子、座位保持装置の工夫において、「両腕の保持」は非常に大切なポイントです。





また、腕はからだの緊張具合でさまざまな姿勢に変化するので、「固い素材」や「決まった形」というのは腕の痛みや姿勢への追随性においてマイナスポイントが生じてしまいがちです。





そこで、優れた商品「くねクッション(クラボウ製)」にベルトを取り付けた工夫をおチャンコ倶楽部にて発案し供給してきました。





このたび、このくねクッション加工に新たなバージョンアップを達成しましたので、ご紹介します!





名付けて「くねクッション・ブラック・ストロング」デス!





13489775226950.jpg





見た目は、以前のものと何ら変わりはありませんが、実は中身が違うんです。





くねクッションは形が自由に変えられるという特長がありますが、変えられるがゆえに力や荷重によっては「形が変わってしまう」というデメリットもありました。





今回のバージョンアップでは、何と中の芯材を二倍の強度に改造してあるのです!





歴史のことわざで、「一本の矢なら折れてしまうが、~」のくだりを彷彿とさせますが、芯材を二倍にしたら、今までよりもかなりしっかりと両腕を支えてくれるようになりました!





くねクッションの曲げかたは以前の記事でご紹介した通りにやっていただけたら大丈夫です。



posted by みんな at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | おチャンコ倶楽部

2012年09月14日

バギー「VIVO 」のおチャンコ倶楽部エディション・・・それは!

13475828740810.jpg




生産国のアメリカでもびっくりするでしょう。





ピンクの水玉模様のかわいらしいバギー「VIVO 」に仕上がりました!





13475828926961.jpg






おチャンコ倶楽部会員のサラちゃんからの特別なオーダーです。





グラブバーも付属していますので、両手で握って体幹も安定してきたら良いデスね。







posted by みんな at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | おチャンコ倶楽部

2012年07月03日

PBS マット、そのブラックのルーツ・・・

本日も、展示会にてPBS マットを御覧になったユーザー様から正規にご注文を頂きました!





PBS マットは、生地が黒=ブラックで仕上げられていますが、これには深い訳があるのデス!





昨年、座位保持装置の送風システムを開発していたとき、痛感したのが「夏の商品は冬のうちから開発しないとダメ(間に合わない)」ということです。





よく考えたら、「TUBE 」や「オメガトライブ」も、夏のヒットソングはダウンジャケット着て真冬にレコーディングしてましたよね(私の青春は80'sです)。





したがって、PBS システムの開発は昨年の冬からスタートしたわけですが、究極の涼しさを求めて、一度「冷感ポリエステル生地」でカバーを作成したところ、「涼しすぎて寒かった」という結果が出ました。





これでは、とても冬には使えなくなると判断しました。





なので、このPBS マットの生地は極少の起毛素材を選択しました。





伸縮性があって、起毛素材というスペックで探したところ、この「黒=ブラック」にたどり着きました。





なので、参考までに、このような使い方も効果的かと思いますので、いかがでしょうか?





13413146435450.jpg





まず、このようにPBS マットを広げます。





13413146546741.jpg





どこから見ても、漆黒のブラックですが・・・。





13413146689682.jpg





このような「N トリ」さんで大判タオルを買ってきて敷いてみると・・・。





13413146818203.jpg





スカイブルーが何とも涼しげで、「クール」なイメージが強調されました!





本当は直に使って頂くのが最も効果的ですが、日々のお手入れ
を考えると、このような使い方もありではないかと思います。





日に日に蒸し暑くなっているこの季節、PBS マットを手にして快適な夜を過ごしてみてはいかがですか?もちろん、日中も快適ですよ!





七月末までは、福祉価格同額でで記念特価実施中!





PBS 注文書.pdf




posted by みんな at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | おチャンコ倶楽部