2019年02月06日

座位保持装置の採型モールドクッション

1887D869-64FC-41F0-9130-D11DB5191892.jpeg


採型したデータを三次元のデジタルデータに換算して、NCマシンで切削成形するシステムを活用しております。

これによって、特殊な形状に合わせた精密な支持面の形成が可能になりました。

また、デジタルでデータ保存しますので管理・活用も非常に便利になります。




posted by みんな at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 座位保持装置

2019年01月08日

世界最小クラス※座位保持装置(※自社調査)「NANODES(ナノデス)」が出来上がり!

ひさびさの命名したくなるような逸品が出来上がったので、命名しました!

極小というコンセプトの「ナノ(nano)」を含んだ呼び名、

「NANODES」(ナノデス)なのです!


え?(笑)


座奥行17センチ、座幅15センチ、

スリングシート、インナーパット、ディープホールドヘッドサポート、

クッションテーブル、

胸ベルト、内転防止パッド、転倒防止付き傾斜パッドと・・・


機能は一人前の座位保持装置なのです!

なので価格も一人前なのです!

新年早々の、ごあいさつの記念の一台なのです!!!!!


2B9F158E-D4D9-4192-A7EF-51EAAE5E8D3C.jpeg

22AEAC15-EC48-4C4B-88B5-F88BCC0F4CF4.jpeg









posted by みんな at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 座位保持装置

座位保持装置の学校用は児童であれば支給されることが法律で決まってるのか?

D7A662F9-A41E-45AA-BD69-FFD45FAB19F9.jpeg

0613D0C8-F100-45CB-B5AF-84D482A2EA5D.jpeg

児童であれば学校用の座位保持装置が、自宅用とは別に支給決定されることが法律として決められているか?という観点から上記文章を読み解くと、

「必要と認めた場合」は「できる」と解釈できます。

別の言い方をすると、「必要と認めない場合」は「できない」ととれます。

この「必要と認める」というプロセスは、市町村が「更生相談所等に助言を求める」ことで審議されるわけですね。

その審議の中で、「身体障害児については、心身の発育過程の特殊性を十分考慮する必要」があるとされています。

「学校では必要を認めない」という見解にぶち当たったら、上記を参考に検証を深めて頂ければと思います(私自身は当記事で何が良く、何がダメとも申し上げてはおりませんのでアシカラズ・・・)。


ただ・・・自宅でも学校でも必要であるとは認めるけど、個別にそれぞれ一台ずつ設置するのは認められないとなったらどうでしょうかね?

座位保持装置の携行性?

車椅子と同時に運ぶ?

今どきなら、放課後デイサービス(市町村が推進)を利用してる子がとても多いと思いますが、携行するとなるとデイサービスの人がたくさんの子の座位保持装置を持ち帰れるか?

なんか、?がいっぱい出てきてしまった・・・・


バイナラ♪



posted by みんな at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 座位保持装置

2019年01月07日