2012年01月25日

キャロットV 送風システム内蔵・・・

体温調節の困難なお子様に、年中テーマとなるのが、「暑さ対策」です。





車載用座位保持のひとつ、「キャロット」にもご要望がありました。





13274440457462.jpg





13274440209381.jpg





このように、背中の空気を一度吸入し、広範囲に分散送風する「サイクルウィンド」システムです。


posted by みんな at 07:36| Comment(8) | TrackBack(0) | カーシート
この記事へのコメント
はじめまして
いつも拝見させていただいてます。

去年10月にキャロット2を
購入させていただきました^−^

10月でも背中が汗ビッショリだったので
真夏は大変そう。。。
この装置はいいですねー^−^

またお邪魔させてくださいね^^
Posted by ぱうら。 at 2012年01月30日 00:29
ぱうらさん、コメントありがとうございます。
キャロットの送風システム、実際の使用感はかなりのスグレモノです。岐阜のユーザーさんであられるなら、いつものとこにお越しください。お待ちしております。
他エリアのユーザーさんでしたら、一度水野あてにご連絡ください。
Posted by 水野 at 2012年01月30日 09:24
こんにちは。
えっと。京都です><。

今度、両対面式車いす・・というか
バギーというか、、
巨大なベビーカーと言うか、、、を作りたいなぁと
思うのですが・・中々・・・
Posted by ぱうら。 at 2012年02月02日 14:02
対面式バギーなら、「タイガー テクノグリーン」で検索してみて下さい。また、うちの「ご対面バー」を装着すると「バディ」や「RV ポケット」などコンパクトなバギーも対面式に改造できますよ!一応、史上初です。ブログでも紹介してますので参考にして下さい。
Posted by 水野 at 2012年02月02日 20:02
タイガーは存じておりますが・・・
もう一回りかふた回り大きいものが
欲しいのです。。。が。。。
中々受け手も見つからず
半分アキラメモードではあります^^;

便座も作らないといけませんし・・
Posted by ぱうら。 at 2012年02月05日 01:02
ぱうらさんへ
そうですか。きっとお子さんがある程度大きくなられているか、バギーに載せる器機が大きいかたくさんなんでしょうね。うちの場合、おそらくオーダーメイドの車椅子をオススメするでしょう。どうしてもバギーという既製品ベースで考えると、思ったサイズが見つかったとしてもドエライ重い重量になったり、その結果車への搭載が福祉車両に本人乗ったままってこともでてきて、それならなおさらオーダーメイドのほうが・・・って話にもなります。
お近くに対面式のオーダーメイド車椅子を製作できる業者があればいいですけどね。
Posted by 水野 at 2012年02月05日 09:13
すみません。インターネット環境の
無い状態になっておりました><。

オーダーメイドだとどのくらい
かかるんですかねぇ・・・
かなり高そうでドキドキです><。

座位保持って生活する上で
大切なことのトップ3に入ると
思うんですが、コストも
トップ3に入るんですよね。。。

今、車イスと平行で
またがれる便座なんかも
探していたり。。。

カーシートまでできるのは
当分先ですねぇ・・・・
Posted by ぱうら。 at 2012年02月20日 23:41
ぱうらさんへ
オーダーメイドでも既製品でも、身体障害者手帳をお持ちなら、自立支援法の補装具費支給制度を利用すれば、負担金の上限額は3万7千2百円です。費用総額に関わらず、です。
また、これははひと月ごとの申請で合算されますので、同じ月にまとめて申請すれば単月単体で申請したときにかかる自己負担が〇〇になったりします。カーシートなんかはこういう方法がオススメです。
まとめて注文すれば、おそらく業者さんも少しサービスしてくれるかも・・・。
Posted by 水野 at 2012年02月21日 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53292265
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック