2011年09月29日

プチ・前傾姿勢クッションのご紹介

先日の息子の運動会・・・代表リレーでは、友達に道を譲ってしまい、スタートでは先頭だったのにゴールではどべ2・・・。「先急ぎたい奴は行かせてやれ・・・それでいいいんだよ」おやじは心の中でつぶやきました・・・。





さて、めずらしい映像ですが、クッションのかたわらにあるのは「名刺ケース」です。





P1002101.jpg





前傾姿勢クッションの模型?と思いきや、正真正銘、人が乗るクッションなのです。視野の確保に、高さ台座をつけてかさ上げするようになっています。





P1002102.jpg





こんな小さな子なのに、緊張がとても強く、最初はお座りなんかとても無理っぽかったですが、いろんな訓練で感覚入力の学習ができ、今ではこうして前傾に保持してあげるとすごくリラックスして、笑顔がいっぱい出てきます。





唾液も上手に吐き出せます。背骨の側わんも、リラックスと重力による伸び効果で自然な感じで伸長してきます。





ただ、最近、前傾を立て続けにやっていると、前傾姿勢の保持具が、座位保持装置などと比べて少ない原因のひとつに、移乗の際の抱っこの難しさがあるのでは・・・と思い始めました。





ほとんどのお母さんは、お子さんをうつ伏せでまるで「スーパーマン」のような格好で抱きかかえなければなりません。





いつも手慣れているはずのお母さんでさえ、「あれ、やだ、どうしよう!?」ってなってしまいます。





なんかいい方法ありませんかね?



posted by みんな at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 前傾 腹臥位
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48245190
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック